Arsenal(アーセナル)特集

アーセナル情報
スポンサーリンク

こんにちは。ふくさらブログです。
今回は私の大好きなArsenalについて紹介します。

スポンサーリンク

アーセナルとは

皆さんはArsenalをご存知ですか?
そう。誰もが知るあの有名なイングランドの名門サッカーチームです。
ロンドンに本拠地を構え、世界中に多くのファンがいます。

エミレーツスタジアム

本拠地のエミレーツスタジアム。絶対行く!と決めているのにまだ行けてない場所です。
大学の卒業旅行でイギリスに行った際、チケットを買おうと思ったら
5万円したので断念、、(ちょうどリバプール戦だったのもあります)

アーセナルとの出会い

2010年。たまたまBSでやっていたArsenalの試合に衝撃を受けました。もともとJリーグしか見ていなかった私は、海外のサッカーを観ることはほとんどなく、選手の名前もあまり知りませんでした。
それでもセスクやウィルシャー、ナスリなどが生み出すプレーのスピード感やパスワークに虜になり、こんな面白いサッカーするチームがあるんだとワクワクが止まりませんでした。

そこから私のArsenal愛が始まり、現在に至るまで毎試合観戦しています。
当時はナスリが大好きで(途中でライバルチームに移籍したときはショックでした、、)携帯電話の待ち受けもナスリにしていました。良い思い出です。

アーセナルの魅力

Arsenalの魅力はなんといっても華麗なパスワークを中心とした攻撃です。1996年〜2018年までチームを指揮したベンゲル監督がこのスタイルを植えつけ、今もチームに引き継がれています。ゴールをとることはもちろん、ゴールをとるまでの過程が美しく、このチームスタイルを見て好きになった人がほとんどだと思います。

一方、ディフェンスは脆弱で点を取っても勝ちきれない試合が多いのも特徴です。ベンゲル監督の時は特にその傾向が躊躇で、守備的な選手より攻撃的な選手を補強する方針は反発を招くこともありました。私も当時はなぜディフェンダーを獲得しないのかとても疑問でした、、

しかし、あの華麗な攻撃を見せられてしまうと、それでも良いのかなって思っちゃうのもアーセナルファンあるあるです。

現在は監督も変わったこともありディフェンスにも力を入れています。
少し寂しいですが、チームが強くなるためならどんどん改革してほしいです。

ベンゲル監督

ベンゲル監督なくしてはArsenalを語れません。この監督がArsenalを作ったといっても過言ではありません。2003-2004シーズンは未だ破られていない無敗優勝果たし、強豪チームへ仲間入りさせました。

若手を積極的に使い数多くの選手を育ててきました。セスクやウィルシャー、ラムジーなどがベンゲルチルドレンをして有名です。ワールドクラスの選手を輩出する手法は評価が高かったですが、晩年は優勝争いをすることができす、ついに2018年に解雇されてしました。私もその当時、解雇のニュースが出た時は衝撃的で、これからチームはどうなるんだろうという不安と、もしかしたら良い方向に行くのではないかという気持ちの両方があったのを覚えています。

日中のサッカースタジアム

2017ー2018シーズンはこの観客席いっぱいにベンゲルOUT、クロエンケOUTという横断幕があったのが懐かしいですね、、

アーセナルの成績

直近は低迷していますが、2000年代前半は無類の強さを誇っていました。
復活が待ちどうしいですね。

赤いスタジアムの椅子

2000-2001  2位
2001-2002  1位
2002-2003  2位
2003-2004  1位
2004-2005  2位
2005-2006  4位
2006-2007  4位
2007-2008  3位
2008-2009  4位
2009-2010  3位
2010-2011  4位
2011-2012  3位
2012-2013  4位
2013-2014  4位
2014-2015  3位
2015-2016  2位
2016-2017  5位
2017-2018  6位
2018-2019  5位
2019-2020  8位
2020-2021
  8位

これからのアーセナル

ベンゲル監督以後、エメリ監督から現在のアルテタ監督に至るまで、チームはCL出場権を一度も獲得できずに低迷してます。

しかし個人的にはアルテタ監督に期待しています。結果は出ていませんが、プレースタイルには一貫性があり選手も監督を信頼しているのが分かるからです。また、あのオーナーのクロエンケでさえ少しずつ財布の紐を緩めており、昨年はトーマスも獲得しました。

今年もCL 、ELの出場権がなく移籍市場でも苦戦を強いられそうですが、なんとか良い補強をしてほしいです。サカやスミスロー、マルティネッリをはじめとする若手の活躍にも期待したいです。

最後に

今後もアーセナルについて発信して行きたいと思います。
もし同じグーナーの方がいましたら、気軽にコメントいただけると嬉しいです。
一緒にアーセナルを応援して行きましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました